読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柊二(しゅうじ)の情報最前線

柊二の情報ブログ

貿易の戦いはお互い不利だとしてる

柊二です、中国にとって米国は最大の輸出先。
もし米国が全品目に45%の関税をかけたら、中国から米国への輸出金額は45%減り、中国の国内総生産を1.3 %下押しする――。
香港の投資銀行CLSAは試算する。
財務省為替操作国の認定条件とする1対米貿易黒字が200億ドル超2経常黒字がGDPの3%超3為替介入による外貨購入額がGDPの2%超――のうち、中国に当てはまるのは貿易黒字だけ。
指定へのハードルは高いように思えるが、JPモルガンの朱海斌・中国チーフエコノミストは大統領令で条件を変えることもあり得ると指摘する。
もっとも、あらゆる品目への関税引き上げは非現実的とみるエコノミストは多い。
グローバル化サプライチェーンは国境を越えて網の目のように張り巡らされているためだ。
中国の輸出額の約3割は米国や日本、韓国などから原材料や半製品を輸入して製品を組み立てる加工貿易が占める。
米国向け 輸出金額でも上位を占めるのはスマートフォンやパソコンだ。
CLSAの張耀昌・中国香港戦略研究部長は高関税の最大の敗者はアップルやヒューレット・パッカードなど中国に製造委託している米国企業だと語る。
むしろ起こりそうなのは米国の製造業と競合する個別品目の狙い撃ちだ。
1980年代の日米貿易摩擦で当時の米レーガン政権は自動車に45%の報復関税を課し、日本メーカーから輸出自主規制や米国での現地生産など譲歩を勝ち取った。
ディールを好むトランプ氏の流儀にもかなう。
鉄鋼やアルミ、ソーラーパネルなど米中間で係争が起きている品目で日米摩擦と同じ局地戦が再現される可能性はある。
中国は米中経済はゼロサムゲームではない。
貿易の戦いはお互い不利だとしてる。
ではでは、最後は「法人の印鑑」の情報で〆ます。
法人 印鑑
印が必要と分かったまではよかったのですが、何週間も待っていられない状況だったのです。
なるべく早く作れるところはないかと探していたところ、インターネットの注文からでも作成してもらえることが分かりました。
企業の印なので、細かく指示したり特別なデザインなどが必要なのかなと不安もありました。
しかし、会社を設立した方々も多く注文されているようなところでしたので、思い切って注文してみることにしたのです。

共通ルールづくりで合意できれば芽が生まれるかもしれない。

柊二です、どちらの法制度を使うかは主権がどちらにあるかに直結する。
4島を実効支配するロシアは、共同活動する際もロシアの法制度の適用を求めており、日本がそれに従えば主権がロシアにあるのを認めたことになりかねない。
妥協案として共同委員会などの組織をつくり、そこで日ロどちらの法制度にもよらない特別な法的ルールをつくる方法がある。
首相が言 及した特別な制度のもとでの共同経済活動もその一例で、例えば日ロ双方の法制度の例外とする特区のようなイメージだ。
ただ交通事故の対応や違法行為の取り締まりのような主権をイメージさせる規則をどう定めるかなど難題が山積し、具体化は進んでいない。
ロシアは主権問題で強硬だ。
1956年の日ソ共同宣言で日本に引き渡すとしている色丹島歯舞群島ですら返還の方法は定められていないと、主権をロシアに残す姿勢をちらつかせる。
帰属が決着していない国後、択捉両島に関しては、共同経済活動をするにしてもロシアの主権下という前提を譲るそぶりは見せない。
日本政府は一時、日ロ両国が共に主権を行使する共同統治案を検討したが、ロシアの強い反発で封印した。
日本側には共同 経済活動が主権問題解決の突破口になりうるとの期待がある。
仮に共同経済活動でロシアの法制度を直接使わない共通ルールづくりで合意できれば、北方領土での主権のあり方を示す一つの例になるからだ。
例えば国後島択捉島で共同経済活動をする際、何らかの形で日本側に主権や管轄権があると読める共通ルールを設けられれば、帰属問題は2島返還+国後・択捉両島は共同統治など少しでも近づく形をつくる芽が生まれるかもしれない。

調整は前提にしていないが選挙対策委員長に擁立を急がせている。

柊二です、「ビルドマッスルHMB」というサプリが日本でも人気が広まり、摂取する人が増えてきています。
タンパク質のアミノ酸のなかでも、特に筋肉の栄養素として有効なのはロイシンなのですが、「ビルドマッスルHMB」はタンパク質からそのロイシンを抽出し、さらにそれを人体が吸収しやすいように分解したものになります。
そのため、筋トレ後に「ビルドマッスルHMB」を摂取することで、効率よく筋肉を肥大させていくことが可能になっているのです。
同じ量のロイシンを摂取しようとした場合、HMBはプロテイン20杯分にもなります。
ということは、HMBはプロテインの1/20で済むので、それだけ飲む量も減るし、お財布にも優しいというわけです。
ビルドマッスル
では気分を変えて、ニュースからピックアップ。
政権を取るために何に重点を置くか。
国民の支持なく立っていられない。
共感されることだ。
7日の党首討論で男性議員からは当 然ロシアは聞くのか、財政規律聞くよねとか言われたが、3分の2をカジノに使った。
街に出て、人々の声を聞き、不安の声が共感のカギだと思ったのであえて大きく踏み込んだ。
永田町にすれないことだ。
外に出ることは私にとってすごく刺激だ。
質問の仕方や言いぶりの知恵もいただける。
党首討論に初挑戦。高支持率の安倍晋三首相は攻めづらかったか。
一切ない。
どんなに支持率が高い政権でも、どんなに人気のある首相でも、私たちは正論をもって臨むべきだ。
ただ明快な議論をしようという答弁がないのが非常に残念だった。
ヤジで逃げてごまかす、まっすぐ私の目を見ない、私の質問に答えないの3つだ。
首相は強気の答弁姿勢を貫いた。
自民党公明党のバラバラ感 も明らかになり、カジノがなぜ成長戦略になるか首相に答えがないことも分かった。
幹事長に野田佳彦氏を起用した人事に党内には批判も根強い。
なぜ野田氏だったのか。
誰を指名しても批判はでる。
野田さんなのは首相経験者だからだ。
政権を目指す上で、中途半端な仕事はしない証だ。
とても優れて信頼できるパートナーだ。
存在の大きさではなく信頼できるということが私の絶対条件だ。
野田さんに代わる人は現段階ではいない。
衆院解散・総選挙があるか。
あると思っている。
総選挙は近い。
もう準備は進めている。
野党の選挙区調整が間に合わないのでは。
調整は前提にしていない。
まず我々の公認候補者をできるだけ立てる。
少なくとも過半数を目指して選挙対策委員長に擁立を急がせている。
公約は月内に固められるのか。

シャープはディスプレー産業でライバルとの競争を勝ち抜きたい考えだ。

柊二です、液晶と有機ELの両輪での成長戦略を進めるためJDIは筆頭株主産業革新機構から750億円の資金支援を受ける。
返済の優先度が低い劣後債と債権を株式に転換できる新株予約権社債を組み合わせ資金を調達。
生産設備の増設などに柔軟に対応できるようにする。
JDIはスマホや車載、パソコン向けの高精細液晶パネルが主力。
JOLEDは20型以上の大中型有機ELパネルを手掛ける。
両社の研究開発や営業部門を一体運営し、液晶と有機ELのパネルを用途に応じて提案できる体制を築く。
JOLEDは15年1月にパナソニックソニー有機EL事業を統合して設立。
医療機器など産業用途のほかテレビ向け有機ELパネルを低コ ストで量産する研究開発を続けている。
日立製作所東芝ソニーの事業を統合して12年に設立したJDIはコスト削減が進まず、16年3月期まで2期連続の最終赤字。
売上高の過半を占める米アップルのiPhoneの販売不振による受注の伸び悩みもあり、今春以降は資金繰りも悪化した。
スマホ用液晶に依存しない戦略を打ち出すことで革新機構の資金支援を取り付けて信用力を高める。
取引銀行からの融資につなげ、財務を安定させる狙いもある。
ディスプレー産業は日本勢が技術革新を主導してきた。
00年代以降、韓国や台湾のメーカーが機動的な投資判断で生産能力を高め、国内電機大手は相次ぎ事業を手放した。
シャープが8月に台湾の鴻海精密工業の傘下に入り、日系パネルメーカ ーは事実上JDIとJOLEDの2社になった。
JDIは革新機構の支援を取り付けてJOLEDを統合、韓台中のライバルとの競争を勝ち抜きたい考えだ。

減収傾向が続くIBMを再び成長路線に導く手腕が問われている。

柊二です、2011年に米人気クイズ番組のチャンピオンに勝利して以来、試行錯誤を重ねたワトソンが、ビジネスの現場で利用できるレベルまで機能が向上している。
データ分析とワトソンの組み合わせでこれまでにない洞察が得られ、経営や医療現場などで意思決定の支援機能を果たしているという。
ワトソンは医療ビジネスのあり方を変える。
IBMのマーティン・シュロッター最高財務責任者はワトソンは最も利益率の高い事業だと自信を見せる。
ワトソンを含む事業区分の16年7~9月期の利益率は32%と全社を上回る。
売上高で年間1兆円を超える事業に育ってい るという。
ただ、全体の売上高は18四半期連続減収で利益率も鈍化が続く。
サーバーなど機器を持たずに安価にITサービスが利用できるクラウドの普及に伴い、IBMが得意としていたメーンフレームやコンサルティングなど従来事業が振るわない。
かつて最も収益性の高かった事業が厳しい状況に置かれている。
ITビジネスの新潮流となったクラウドで成長するシナリオがIBMには描き切れない。
立ちはだかるのがアマゾン・ドット・コムだ。
同社のクラウド事業のシェアは30%超とIBMを引き離す。
IBMはワトソンの人気を生かしてクラウドの劣勢を挽回する考えだ。
IBMクラウドはワトソンの処理能力を最大限に引き上げる。
クラウド上でワトソンの機能を利用するには、アルゴリスムの関係上の理由などからIBMのクラウド基盤が最適との文句で売り込みをかける。
減収傾向が続くITの巨人IBM。
ロメッティCEOには虎の子のワトソンでIBMを再び成長路線に導く手腕が問われている。
ではでは、最後はお勧めダイエットの方法!に関する情報で〆ます。
ダイエット方法
痩せるためには食事を制限したり運動をしたり辛い努力をしなければいけないので自分には無理だとあきらめていませんか?
そんな人にぴったりなのがバナナスリムなんです。
バナナスリムには一緒に使うと効果的な泥パックもあるので、まるで高級エステでスキンケアを受けたような肌質を自宅で再現することができます。
デートの前や結婚式など大切なイベントの直前、自分へのご褒美などいろいろな場面で使えて、毛穴の奥まで有効成分が浸透して引き締めたりアンチエイジングのために役立ちます。

結婚に関する「したい」「したくない」に関して

日経新聞での調査から、次の3つのことが明らかになった。
1つは、7年間で男性は結婚願望が低下し、女性は結婚願望と非願望に二極化したことである。
早く結婚したいと思う20歳代男性は08年度は17.4%いたが、15年度には12.1%へと5.3ポイント減少した。
結婚したくないは11.9%から21.6%とほぼ 倍増し、男性が結婚に消極的な傾向が強まっている。
女性は早く結婚したいが25.5%、結婚したくないが12.9%とどちらも7年前より増加し、二極化が進んだ。
2つ目は、調査に回答した20~30歳代の6割が結婚しておらず、結婚したくない者は年齢とともに増える傾向にある。
特に、30歳代になると男女とも4人に1人が非・結婚願望となる。
回答者の4割が既婚、6割が未婚で、子供がいる人は約3割である。
未婚者に限定して結婚願望を調べると、早く結婚したい、いい人が見つかれば結婚したい、いつか結婚したいで、合計すると74.9%。
一方で結婚したくないは20.3%と2割を占める。
さらに結婚したくない割合を年齢別にみると、20歳代前半17.7%、同後半17.8%、30歳代前半25.0%、同後半26.2% 。
非・結婚願望は30歳代で急に増加し、ほぼ4人に1人の割合となる。
30歳代後半では男性26.3%、女性26.1%で、ほとんど差がみられなかった。
3つ目は、非・結婚願望の理由として、経済的な苦しさと子供の頃の体験不足、さらに一人が楽しいという思いが指摘できる。
これまでの様々な調査で若者は経済的な理由で結婚したくない・できないことが指摘されてきたが、私たちの調査でも経済格差が結婚願望を規定している。
結婚したくない割合を年収別にみると、クリアな数字が読み取れる。
見事なまでに、年収が増えるほど結婚したくない割合は低下する。

以上、結婚に関する「したい」「したくない」に関してでした。

騒ぎ続けられるよりも補償金で収拾してしまいたいというのが企業側の考えだ。

柊二です、従業員らは口々にこう叫び、工場幹部らに迫った。
10日からは工場の出入り口を封鎖して製品の出荷を 遅らせる強硬策に出た。
15日には納期が迫る製品の出荷に困る状況下、警察がようやく事態収拾に乗り出し、デモを鎮圧。負傷者も出て、デモを主導した11人の従業員らが逮捕される事態にまで発展した。
しかし、これで収まらなかった。
我々従業員は機械ではなく奴隷でもない。
我々を売らないでください。
我々にも尊厳と人権があります。
16日からは従業員らがこうした横断幕を工場の門に掲げ、工場に出勤するものの仕事はせず、工場内の食堂や運動場で思い思いに時を過ごす。
それが22日現在まで続いている。
周囲は今も万が一に備え、多くの警官隊が見張る異様な状況だ。
従業員が強硬手段に出るのには訳がある。
狙いは補償金だと従業員らは口々に認める。
26歳の女性従業員 はソニーが撤退すると聞いて驚いたけど、リーダーの人から、ストに参加したら、ソニーは有名な大きな会社なので多額の補償金がもらえると聞き、よく分からないけど参加したと明かした。
そのうえでお金がもらえるまで生産ラインには戻らないわと言い切った。
実際、企業側に全く非がなくても多額の補償金を積むことで早期収拾を優先してきた日本企業は多い。
中国の労務や撤退問題に詳しいIBJコンサルティングの前川晃広氏は進出企業の実態をそう指摘する。
従業員に騒ぎ続けられるよりも、補償金で解決するなら、それで収拾してしまいたいというのが企業側の考えだ。
そのことをよく知る従業員らは、交流サイトを使って過去の事例などの情報を共有し合う。
~おススメサイト~
バイタラッシュアドバンスは、まつげに直接塗ることで発育を良くし、まつげを伸ばす効果のあるまつげ専用美容液です。
一日一回、まつげに塗り、効果が出るまで根気よく塗り続け伸ばすことで、デカ目効果を促進します。
塗るタイミングはお風呂に入った後、化粧品を全て落として、夜寝る前に塗るのが最も安全に塗る方法です。
朝、メイクと一緒に使用してしまうと、他の化粧品と成分が混ざってしまい、日中、目が痒くなる恐れがあるので注意してくださいね。
リバイタラッシュアドバンス

アメリカ市民や国際社会から批判される政策姿勢をどう変えていけるか

 柊二です、トランプ氏と党幹部が関係を修復できるかは不透明だ。
トランプ氏は既存の政治にノーを突き付けて支持を拡大してきた面があるからだ。
トランプ氏はオバマ大統領の政権の遺産の多 くを覆すと主張している。
環太平洋経済連携協定からの撤退や温暖化対策の国際枠組みパリ協定からの離脱、オバマケアの撤回などが柱だ。
大幅減税に加え、不法移民を防ぐためのメキシコ国境への壁など予算措置が難しい案もある。
トランプ氏は選挙戦で、メキシコ国境の壁の建設費用はメキシコ政府に払わせるとも言及して支持者からの喝采を浴びたが、現実的とは言い難い。
結局は議会の協力なしには実現は困難だ。
来年1月の大統領就任後、トランプ氏はまず、TPPからの撤退の表明など、議会の協力なく、大統領権限で実行できる公約の実現を急ぐ可能性が高い。
とはいえ、与党主流派と距離を置いた現状では、そこから先の政権運営にメドがたちにくいのが実情だ。
米国では法案の 提出権を持つのは上下院議員だけ。
法律が成立するには上下両院をそれぞれ通過し、大統領が署名する必要がある。
オバマ氏が共和の反対が強かったオバマケアを実現したのは、上下院ともに与党が多数を握っていたためだ。
本来はホワイトハウスと上下院の勝利により、トランプ政権の発足に向けて絶好の下地が整った。
だが議会内には穏健派から保守派まで様々な党議員がいる。
党の拘束が弱い米議会で個々の議員の協力を取りつけるのは容易ではなく、トランプ氏がビジネスで培ったという交渉術が試される。
共和党の主流派も、アメリカ市民や国際社会から批判されるトランプ氏の過激な政策姿勢をどう変えていけるかが問われる。
では、テレビのCMで気になったものです。
・パーフェクトワン・モイスチャージェルの初回半額
http://www.xn--eckfb4a9bf0dvc7dvb3jpa0i1b6c0hl.biz/
潤いのあるプリプリのお肌をず~っと手にしたいんだったら、定期コースをお勧め。
この人もこう見えてもそろそろ40歳になろうかという時に、こんなにも効果を実感できるコスメに出会ったらしい。
それでも、しばらくはパーフェクトワンでの様子をみてみたいという方もいらっしゃると思います。

日本の株式は米国株に比べ出遅れていたので相対的には優位ではないか。

米国の安定株の上場投資信託では、米10年債利回りが節目の2%を下回ると資金流入が増えてきた。
過去にはキプロスの財政不安や欧州中央銀行量的緩和導入、日銀のマイナス金利導入がきっかけとなった。
債券での運用難に陥った大規模なマネーがETFに流入したためで、逆に、米10年債利回りが2%を超えると債券に戻りかねない。
すでに1.8%台まで上昇しており、米景気や物価が強含むと、一気に分水嶺を越える可能性がある。
米国ではインフレへの転換を意識する動きも活発だ。
物価が上昇すると元本が増える物価連動国債が人気化 し、米運用会社ブラックロックETFでは純資産の伸びが今年5割と、2009年以来の大きさだ。
日欧の金融政策の限界論や米利上げ観測、商品価格の反転、米賃金の上昇加速――。
安定株や米物価連動国債を巡るマネーの流れを変える要因には事欠かない。
この流れをより強くしそうなのが政治の変化だ。
財政刺激策への転換は富の不平等の是正圧力を反映している。
バンクオブアメリカ・メリルリンチマイケル・ハートネット氏は、国内総生産比で過去最低水準にある米国の公共投資が増えそうな傾向を重く見る。
財政拡大はクリントン、トランプの両候補に共通する数少ない政策。
どちらが勝っても金融資産より、公共投資の対象となるインフラや資材となる商品、不動産など実物資産 が優位とみる。
日本株でもインフラや資源関連が買われやすくなりそうだが、相場全体の上昇は望みにくい。
米国債利回りが上昇すれば、国債よりはまだ割安として許容されてきた株価の割高さが調整する可能性もある。
日本の株式は米国株に比べ出遅れていたので相対的には優位ではないか。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
桑の葉青汁を比較【とっても美味しい!】お勧めはコレですよ!
http://www.xn--u9jt69npqcc56afdv.com/
他の桑葉青汁と比較して優れているといえるのが、MBRという成分を配合していることです。
桑の葉には骨の形成を助けるカルシウムが豊富ですが、せっかく摂取しても十分に吸収されず、身体の外に排出されてしまったのでは意味がなくなってしまいます。
しかし、太田胃散の青汁であれば、MRBの働きでカルシウムを体内に留める機能をアップさせることができるのです。
MRBは天然の成分であり、牛乳や母乳に含まれている成分です。
以上、「青汁」に関する情報でした。

この日本でもエンダウメントの制度化が求められる。

予想外の出来事…トランプが勝ってしまいました。

ところで自己資金の源泉で、最も重要なのは寄付金である。
従来、我が国には 寄付のカルチャーが希薄だから寄付金が集まらないといわれてきた。
税制上の優遇措置を講じても大きな効果を期待することはできなかった。
米国の大学では寄付者の中心は卒業生である。
教育の質が高く教育効果が大きければ、卒業生は進んで寄付をする。
しかも寄付金の使途の一つは奨学金
奨学金で学んだ卒業生は、社会に出てから後輩のために喜んで寄付をする。
寄付金が世代を超えて循環するのだ。
米国で可能なことが、日本でできないはずがない。
要は教育の質的向上で、学生に高い付加価値を付与することである。
卒業後に社会で活躍できれば、卒業生は感謝し、大学の価値も向上する。
ただ、米国の大学には日本にはない仕組みがある。
それは寄付金を積み上げて形 成するエンダウメントだ。
エンダウメントとは、本来の大学法人会計から切り離した特別基本資産である。
その源泉は寄付金と資産運用による運用収益であり、教育・研究への投入が使途の中心である。
エンダウメントの額が大きくなれば運用益も大きくなり、大学が自由に使える資金が増える。
2015年のエンダウメントの資料を見ると、最大のハーバード大学のエンダウメントは4兆円近くに達し、エール、プリンストンスタンフォードなどの各大学が続く。
ハーバードでは全収入の3分の1が運用益である。
また、エール大学は寄付と資産運用の両輪をフル回転させることで、1980年は1億3200万ドルだったエンダウメントを、15年には255億ドルまで拡充した。
この日本でもエンダウメントの制度化が求められる。

日本人は肌をいい状態に保ちたいという意識が強く米国は自己表現という面が強くメーキャップが中心

高齢層は戦後の日本の消費を動かしてきた人たちで、いまも消費意欲が旺盛だ。
経済的に余裕のある人も多い。
この層に調査で落ち着いた色の商品を提案すると、活動的に生きようと思っているのに、これではダメなどの反応が返ってきた。
そこでシニア向け商品のイメージカラーは明るい赤色にした。
若者は。
若い人の経済事情は厳しく、奨学金で学校に行く人や車を買わない人が増えている。
購入する商品もどうしても低価格帯になる。
ただ単に安ければいいというわけではなく、一人ひとりが自分にとっていいものを求めている。
ポーチに入れる化粧品も、かつては特定のブランドをそろえることが多かった。
今は使うお金は減っていても、ちょっと高級なものとすごく安いものの組み合わせだったりする。
若年層の個性的な消費もこれから伸びるだろう。
一方、30代の女性には仕事や育児、家事で忙しく、自分のために使える時間が1日に60分しかないような人もいる。
そのとき、ほっと一息ついてインターネットでメールを交換したり、情報収集したりする。
この層を対象に原則 ネットでしか買えない商品を発売した。
年齢層ごとにきめ細かな対応が必要だ。
外市場の動向はいかがですか。
国際的には高級ブランドが主戦場になっている。
米国、日本、欧州、中国の百貨店などで販売されている高級品市場は15年に平均4~5%成長した。
各国の市場に違いはありますか。
日本人は肌をいい状態に保ちたいという意識が強く、スキンケア関連の商品が中心。
中国も同様の傾向がある。
これに対し、米国は自己表現としての化粧という面が強く、メーキャップが中心。
欧州に行くと、なぜ日本人はあまり香水をつけないのかとよく聞かれる。

ウォルマートが約半世紀の社史の中で米企業のLGBT擁護の姿勢の変遷に重なる。

柊二です、主要都市シャーロット商工会議所の推定によると、トイレ法成立でこれまで同市が被った経済的な打撃は約2億8500万ドルに上り、加えて約1300人 の雇用喪失に見舞われたという。
保守派の共和党員も背に腹は代えられないと思い始めた。
投資先企業のスムーズな事業に支障を与えるだけでなく、州の株式非公開企業や地方債の資金調達にも打撃を与える。
公的年金基金や財団、資産運用会社など総額2.1兆ドルの資産を運用する機関投資家約60社は9月下旬、トイレ法改正を求めて同州に書簡を送った。
その一つ、ニューヨーク市職員年金基金を監督する会計監査官のスコット・ストリンガー氏は投資先企業の業績向上のためにはLGBT差別の法律を放っておくわけにはいかないと強調した。
ビジネス界がLGBTへの差別的な動きに容赦がないのは、企業イメージが収益を左右するだけでなく、リベラルなミレニアルと呼ばれる若い世代の優秀な 人材の確保や投資家の行動にも影響するからだ。
フロリダ州のゲイ向けナイトクラブで6月に起きた銃乱射事件。
全米に衝撃を与えたこの事件を巡り、犯人を称賛するコメントがツイッターに流れた。
メッセージの送り手はウォルマート・ストアーズの従業員。
この24時間後、ウォルマートはこの従業員を解雇した。
ウォルマートは米南部アーカンソー州に本社を置き、その土地柄から保守的な企業の代表選手といわれてきた。
同社が約半世紀の社史の中で徐々にLGBTの権利擁護に傾いてきた姿勢は、そのまま米企業のLGBT擁護の姿勢の変遷に重なる。