読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柊二(しゅうじ)の情報最前線

柊二の情報ブログ

昔であれば夫婦だけでゆっくりと過ごすことになる年齢だったものですが今では失礼にあたるケースもあります。

しゅうじです、ビジネスマン出身のジョコ氏は、地方首長時代に徹底した現場主義と決定の早さで行政改革を断行し、14年10月に第7代大統領に選ばれた。
持ち前の行動力で、外資の参入規制撤廃や燃料補助金の削減など大胆な改革を実行してきた。
スハルト元大統領の息子で実業家のトミー・スハルト氏、大財閥のアンソニー・サリム氏……。
9月に財界の大物が次々と名乗り出た。
隠し財産を申告すれば多額の追徴課税や刑事訴追を免除する租税特赦に応じたのだ。
国民のわずか1割しか納 税しない現状を改め徴税強化に動く。
陣頭指揮するのはスリ・ムルヤニ氏だ。
7月の内閣改造世界銀行専務理事から6年ぶりに財務相に復帰した。
仕事が早く汚職追放でも成果を上げて一時は大統領候補とも言われたが、与党と対立して国を追われていた。
ジョコ氏は同じ"におい"を持つこの剛腕女性に電話攻勢をしかけ、就任をのませた。
ジョコ改革に課題はないのか。
看板政策として50兆円の目標を立てたインフラ整備には手間取っている。
計画通りやらないなら、カネを返してもらう。
いつもにこやかなジョコ氏が5月、ジャカルタに集まった地方首長に対し珍しく声を荒らげた。
官僚主義がはびこる地方政府の多くが整備計画をスケジュール通り進めない現状に業を煮やした。
最近の口癖は常に尻をたたき、進捗をチェックする。
スピード感を持たせるのが自分の仕事だと言い切る。
かつて貧しいアジアの代名詞だったインドネシア
GDPを購買力平価ベースでみれば、英国やフランスを抜き、15年には世界8位に達した。
人口の多さも強みで、日本企業も有力投資先として熱い視線を注ぐ。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
■還暦のお祝いプレゼント|ベストランキングはこちらです。
還暦 祝い プレゼント
長寿祝いは、年齢ごとに還暦…61歳(満60歳)、古希(古稀)…70歳、喜寿…77歳、傘寿…80歳、米寿…88歳、卒寿…90歳、白寿…99歳、そして紀寿または百寿と100歳までいくつかあるのですが、その最初でもあるのが60歳の還暦祝いです。
昔であれば、60歳というと定年を迎えて子供たちも独立し、夫婦だけでゆっくりと過ごすことになる年齢だったものですが、今では60歳といっても働いている企業によってはまだ定年を迎えていないという人がいることもあって、本人に長寿のお祝いと言えばまだ若いと感じている人もいるので失礼にあたるケースもあります。
長生きをしたお祝いという意味ではなく、これからも元気にお過ごしくださいと言った意味で祝ってあげるといいでしょう。